富山販売士富山市立山連峰
       
●平成29年度
活動事例
■平成29年度 3月定例会■■
1.講演「4年目のとやマルシェ」 
山本 明弘 氏
(当会会員)
山本さんの勤務地である”とやマルシェ”の現況を辛口で報告があった。
4年目のとやマルシェ
最近の傾向
  • 来場する県外客の目当ては白エビとブラックラーメン
  • 外国人は増えている。しかし行先はマツキヨか日本酒。
    夜は中国語が目立つ。
    最近はイスラムの人も見かけるようになった。

強みを発揮する店舗
  • コアとなる商品を持っている店。特に飲食。
  • コンセプトがしっかりしている店。
  • 総花的な店は中途半端でダメ。

課題
  • 客数が年々減少している。
  • 回遊性がない(立地の問題であり、オープン当初から指摘されている)。
  • 競合が増えた(アルビス、鮮撰、CiC)。
  • 売れるとどの店でも直ぐに取り扱うので同質化し、館内で競争が起きている。
    顧客とっては選択肢がない状態となっており、もはやマルシェとは言えない。
    富山駅がこのような状態で良いのか疑問。
  • マリエとの共同販促を始めたが、そもそも客層が違うので効果がない。
  • 工事が終わると高架下に新たな商業施設ができると聞いているが、それが完成した時にどうなるのか?(情報は入ってないとのこと)
4年目のとやマルシェ

一利用者としても、富山駅の商業施設はわかりくく、使いにく。 現在は高架が完成するまでの暫定対応なのかもしれないが、 非常に課題が多い印象を受けた。

2.事務局連絡
総会案内、決算見込み、来年度の事業計画案について
(記:吉田誠)

■平成29年度 2月定例会■■
1.講演「カフェ38の取り組みについて」 
 講師:有限会社 大場養蜂園 代表取締役 大場 靖弘氏
今回は、ベストショップコンテスト2017ライティング賞を受賞された大場養蜂園カフェ38さんにて 大場社長に講演していただいた。
カフェ38の取り組みについて
当会はベストショップコンテストの協賛団体として審査員を派遣しており、 以前からベストショップコンテスト受賞者から話を聞こうという企画が持ち上がっていたが、 なかなか実現できずにいた。 商工会議所さんでも同様の意向を持っておられ、今回商工会議所さんの後援を頂いて実現することができた。

大場社長さんの話は以下のレジュメの通りであるが、 全体を通して、非常にミツバチへの愛情が感じられる講演だった。
質問がいつも以上に多く、予定時刻を大幅に超過し、 さらに帰りがけにお土産を購入する方も多かった。
大変興味を持った表れであろう。

カフェ38の取り組みについて また、ライティングや壁紙など、社長さんが説明されたこだわりをその場で確認することができ、 さらに、店の提供する軽食もいただくことができたのは、店舗で話を聞けた大きなメリットであった。

当日は商工会議所さんの配慮により富山新聞社から取材があり、翌日の朝刊に掲載された。
その記者にもコーヒーを出された店長(社長の奥さん)の心配りも印象的だった。

今回は当会会員以外にもベストショップコンテスト審査員や商工会議所の職員さんにも参加していただいた。
その点でも有意義な例会であった。

 「大場養蜂園カフェ38店舗展開について

2.事務局連絡
翌月(3月)定例会案内
(記:吉田誠)

■新年懇談会■■

■ベスト・ショップ・コンテスト2017記念セミナー■■
<表彰式>
講演に先立ち、「ベスト・ショップ・コンテスト2017」の表彰式が行われました。 「ベスト・ショップ・コンテスト」は富山市、富山商工会議所、富山新聞社が主催で、 優れた店舗を表彰することにより富山市の商業全体の活性化と消費者サービスの向上ならびに更なる創業意欲の喚起を図るという主旨のものと行われており、 今回が70回目になります。当富山販売士協会も協賛し、審査員を派遣するとともに優秀接遇賞の選定を担当しております。

ベスト・ショップ・コンテスト2017記念セミナー今回の優良接遇賞は「ゆめたか接骨院環水院」さんが受賞され、 当会事務局長の吉田がプレゼンターを務めました。

記念セミナーは富山販売士協会から開催を提案し、 共催となると共に講師の選定を担っており、今回で8年目となります。 今回は100名からの申込がありました。


<講演の概要>
  1. 私の接客・・・最高の演技と演出で提案しよう
  2. 商品の仕入れ、商品開発……現場に脚を運ばずに見えるものは何もない
  3. パート⇒正社員⇒所長⇒セールスアドバイザー 素直な負けず嫌いに
  4. 人が育つ環境を作るのが管理職
率直に飾らず自身の体験を話されていたのが印象的だった。

とにかくベースにあるのは「楽しむこと」。接客も部下の指導も根本は自身が楽しいかどうか。 「自分がお客さんだったらどうして欲しいか?」を考えて実行する。顧客立場に立って考えることではあるが、 それは「お客さんが楽しいかどうか」、「お客さんが楽しんでくれれば自分も楽しい」という考えから実行していること。 部下の指導も、「部下が仕事を楽しむようになるためにはどうすればよいか?」を考えたアドバイスや行動の結果である。ベスト・ショップ・コンテスト2017

今回の講演も、「受講者が何を聞けば参考になり、仕事を楽しめるようになれるか?」を考えた講演だったと思う。 講演後に3名の女性から自身の仕事上での悩みについて相談の質問があったのが、その象徴だったのではないだろうか。
(記:吉田誠)

■平成29年度 視察会報告■■
平成29年度 視察会
1.街歩き
平日に関わらず、意外と人は歩いている。そのうち3割ほどが外国人。 メニューやPOPの外国語対応が目についた。

2.高山市商店街振興組合連合会さんより説明
   (長瀬理事長、中田理事、奥洞氏)
(1)中田理事より、理事長を務める本町三丁目
   商店街のことを中心に話を伺う。
  • 2012年にアニメの舞台となったことから観光客が増加。アニメがアジア圏でも放映されたことにより外国人も増加
  • 2016年に全国初“商店街単独型”免税カウンターを開設
     2016年の利用件数106⇒2017年8月までで109件
     まずまずの成果と評価している

平成29年度 視察会平成29年度 視察会

(2)質疑応答より
  • スマホ決済が増えてきている
  • 民泊もたくさんある
  • 外国人がスマホに翻訳アプリを入れてくるようになった
3.高山市海外戦略部より説明(丸山部長)
  • 海外戦略部の役割 誘客促進、販売促進、交流推進
  • 観光客入込数 昨年、過去最高の451.1万人を記録(内、外国人46.1万人)
  • 宿泊者は46.1万人(市の人口の5倍以上)
  • 日本平均と比べ、欧米系が多い
  • 観光消費額 1,000億円
  • 他国に比べると低いので、まだ旅行消費を伸ばす余地がある
  • 受入体制の整備 外国語パンフ、受入マニュアルの作成・配布、補助金などなど
平成29年度 視察会
商店街では、スマホ決済や民泊問題などいまのリアルな話が聞けて有意義だった。 高山市は30年前から戦略的に国際化を進めており、非常に多岐に渡る取り組みが成果を生んできていることがわかった。海のない地方都市がここまで頑張っているのには感心させられた。 非常に勉強になる視察会であった。
(記:吉田誠)

■平成29年度 8月定例会■■
1.講演「近況について」
  講師:株式会社大和 串田 祐司氏(当会会員)
講演「近況について」
2年ぶりに串田さんが登場。
例会に来れなくなった最大の原因である黒鯛釣りにはまっている話を始め、 金沢の状況や販売士として感じることをいろいろと話してもらった。
小売の現場の方の話は、販売に携わっていない私と視点が異なるので大変興味深く、 勉強になった。
(記:吉田誠)
2.事務局連絡
  • 視察会 10月25日(水)に高山で決定。内容は現在調整中
  • ベストショップコンテスト記念セミナーの日程について
  • 今年度の更新講座 11月8日(水)平野先生が講師で実施予定
  • 長野40周年 9/27 事務局長参加
以 上

■平成29年度 7月定例会■■
1.講演「採用」
  講師:北陸コカ・コーラボトリング株式会社 砂土居 佑介氏(当会会員)
講演「採用」講演「採用」
砂土居さんが会社で担当している採用についての話だった。
  1. コカ・コーラと会社の紹介
  2. 就職説明会でのプレゼン内容を紹介
  3. 質疑応答
北陸コカ・コーラボトリングだけではなく、双爽グループ全体の採用に関わっているとのこと。 就職説明会では目立つために、マイクを使わずに会場で一番大きな声を出すようにしているとのことであった。 さすが、若い! その成果もあり、今年度も順調に内定を出せているそうだ。 最近の特徴として、
  • 大企業志向が一層強まっている
  • 休日や給与などの待遇に対する質問が多い
  • 親に相談している
採用担当の喜びとして、 「自分がきっかけで就職を決めてくれたというのを聞くと非常にうれしい」 という話があった。上司である堀井さんからは、 「採用や教育した新入生が成長していくのを見るのが楽しい」 という発言もあった。 私は採用という仕事をしたことはないが、 入社という人生にとって大きな岐路に関わることは本人にとっても 一方、会社にとっても非常に重要なことであり、 担当者としては大きな責任があるということを改めて感じた。 だからこそ、人と人、人と会社の縁結びというやりがいもあり、 若い砂土居さんが懸命に取り組んでいることが感じられた講演だった。
(記:吉田誠)
2.事務局連絡
  • ベストショップコンテスト記念セミナーの講師選定の状況報告
  • 長野40周年 事務局長参加
  • 視察会 10月に高山で決定。日程は別途調整する。
  • 8月例会 串田さん
以 上

■平成29年度 6月定例会■■
1.講演「障がい者スポーツとパラリンピック」   講師:平井 隆 氏(当会会長)
講演「障がい者スポーツとパラリンピック」講演「障がい者スポーツとパラリンピック」
  • 障がい者スポーツの成り立ち
  • 障がい者スポーツ指導員とは 指導員資格の紹介
  • 障がい者スポーツに関する各協会の紹介
  • 卓球バレーの紹介
  • AED啓蒙 ASUKAモデル動画
挨拶として「健常者が障がい者を受け入れやすい社会になればいい」という平井会長の想いと、そう思うに至った自身の過去の事故経験などをお話しされた。また、スポーツを通じて社会復帰をするというパラリンピックの成り立ち、その創始者、そこからどう日本に障がい者スポーツが広まったかのお話があった。

障がい者スポーツ指導員とは、障がい特性を理解し、身近な地域で適切にスポーツを指導してくれる人材のこと。平井会長自身も指導員資格を取得しており、現在は「卓球バレー」というスポーツの普及に一生懸命だという。実際行っている動画を拝見したが、音の出るピンポン玉や持ちやすい板など、障がい者の方々が楽しめるよう様々な工夫がなされていた。

最後は、実際の話を元としたAEDについての動画を拝見した。AEDがあっても患者の状態や使用方法を理解していないと使われない現状を変えるための、ご遺族が想いを込めた動画となっていた。そこから「ASUKAモデル」という事故対応テキストも作成され、マニュアルとして全国の学校・施設で活用されるよう普及活動が行われているとのこと。

普段意識していないところで様々な活動が行われていることを知り、今後の自分の想いの在り方を考える非常に有意義で貴重な1時間だった。
(記:堀)
2.事務局連絡
例会案内 7月:砂土居さん
以 上

■平成29年度 5月定例会■■
1.市役所出前講座「統計からみる富山市」
情報統計課の平野さんと木戸さんから話を伺った。
富山市(県)は、
  • 可処分所得は全国1位
  • こづかいが全国2位
  • 預貯金残高6位
  • 自動車普及率1位
  • 携帯電話普及率全国2位
  • ノートパソコン普及率2位
など、意外な数値が紹介された。 特にこづかい全国2位については「帰ったら嫁さんに言わなきゃ」という声が上がった。
生まれてから富山市しか知らない私には地区センター数が全国1位であり、 地区センターに併設になる公民館や図書館も全国トップクラスであるというのも驚きであった。

販売士関連では、 年間商品販売額に占めるロードサイド地区の割合が全国3位ということで、 裏返しで、中心市街地の厳しい状況を示してしていた。
また、従業員一人当たりの商品販売額が全国3位という嬉しい数値があった。

いつものように会員からの質問も多く、新しい発見があった1時間であった。

2.事務局連絡
日本販売士協会理事会報告
  • 山本さんが広報委員に就任
  • 販売士更新 全国一元化
  • 例会案内 6月:平井会長、7月:砂土居さん
以 上

■富山販売士協会 平成29年度定時総会(第42回)■■
1.開 会
2.会長挨拶
3.議案審議
  平成28年度事業報告・収支決算について
  議案第2号 平成29年度事業計画(案)・収支予算(案)について
4.閉 会

  全議案、全員一致で承認されました。

定時総会資料

活 動 履 歴

このページのTOPへ