富山販売士富山市立山連峰
●平成30年度
活動事例
■平成30年度 7月定例会■■
1.「『JUN』のこだわり」
    講師:ラ・メゾン ド ジュン オーナー 松田 淳 氏

   (ベストショップコンテスト2017 メモリアル大賞 受賞)
ベストショップコンテスト受賞者に講演して頂くシリーズの2回目。

今回は初めて人前で話をするとのことだったが、熱く、一生懸命に話をしていただいた。
予定時間を超え、時間の関係で質問は少なめだったが、 終了後に個別に質問をされて、なかなか帰らず、遅くまでお邪魔することとなった。
皆さんもいろいろ感じたことがったのかと思う。

私は、同じく事業を起した者として非常に共感する話であった。
出されたケーキと紅茶に始まり、店および各コーナー、そして包材など 細かいところにも非常にこだわっている話をされた。
そのこだわりが目指すところは、JUNのブランド化。 売れないとわかっている商品をあえて置いているのを「ステータス」と回答。
これらは、付加価値の向上を目指していることだと私は理解した。

そして、売上が伸び悩んだ話もされた。
基幹店舗をつくってから売上が思ったほど伸びない。
そこで、気づいたことは何を売りたいのかという売上の柱が不明確であり、 お客さんに伝わっていなかったことであった。
そして、ここ数ヶ月で気づかれたことは、 なぜスタッフが続かないのかを考えたときに、 これまで自身及び業界として当たり前だと思っていた長時間労働が 時代とミスマッチしていることへの気づきであった。

うまくいかないことから気づき、気づいたら改善していく―。
それも現実に妥協や迎合することなく、あくまで理想を目指し、近づようとしていく。
商品や店、そして経営に、これらの情熱と理想を求める姿勢が表れているのだなと感じた。
だから「未来を感じられる店」になっていくのだと。

ラ・メゾン ド ジュンラ・メゾン ド ジュン
受賞される店のオーナーは、やはりスゴイ。
このシリーズは継続していきたいと改めて思った。

熱い思いに触れ、元気が湧いた講演であった。(記:吉田誠)
以上

■平成30年度 6月定例会■■
1.「販売士はAIに代替されるのか?」
    講師:株式会社よしだまこと事務所 吉田誠 氏(当会会員)
  • AIに代替されると予想されている職業の紹介
  • 販売現場へのAI活用の状況
  • 今後、人として販売士として生き残る方策について
について話した。
「AIの進化について知らない人が多すぎる」
「根源的に人間は何ができるのか?すべきなのか?」

などについて意見が取り交わされた。

2.事務局連絡
  • ベストショップコンテスト2018
  •   7/2に運営員会開催 ただし、都合がつかず欠席
      10/18-19 審査 本年度は吉村さんが審査員担当
  • 来月はベストショップコンテスト2017メモリアル大賞を受賞された、
      ラ・メゾン ド ジュン松田オーナーが講演。
  •   満席が予想されるので早めの申込を。
    (記:吉田誠)

    ■平成30年度 5月定例会■■
    1.市役所出前講座「からだにやさしい食生活」
    管理栄養士の大場さんに講演していただいた。

    日本古来の食生活に比べ、近年は栄養の取り過ぎで、 その上、不健康な生活習慣(食べ過ぎ・飲みすぎ、運動不足、睡眠不足、煙草…)が 加わるとメタボとなり、インスリンが低下しして その結果、生活習慣病になるとの説明があった。

    これを防ぐために
    • 主食・副菜・主菜をバランスよく
    • 特に副菜は不足がちなのでしっかりとる
    • 十分に睡眠をとる
    • 規則正しい食生活
    • 塩分・油脂を控えめに
    • 休肝日を週2日とる
    • よく噛む
    という方法が紹介された。
    メタボな自分としては反省しきり。

    まずはできるところから心掛けて実行しようと誓った。
    健康第一!医食同源。

    市役所出前講座「からだにやさしい食生活」市役所出前講座「からだにやさしい食生活」

    2.事務局連絡
    日本販売士協会理事会報告
    (記:吉田誠)

    ■富山販売士協会 平成30年度定時総会(第43回)■■
    1.開 会
    2.会長挨拶
    3.議案審議
      議案第1号 平成29年度事業報告・収支決算について
      議案第2号 役員改選について
      議案第3号 平成30年度事業計画(案)・収支予算(案)について
    4.閉 会

      全議案、全員一致で承認されました。

    定時総会資料

    活 動 履 歴

    このページのTOPへ